清水清三郎商店(三重県)

【おひとり様1本まで】作 新酒 純米大吟醸 2021

12426
12426
12426
11月〜2月までの4ヶ月間、月に一回の数量限定入荷です。 華やかで若々しい香りが立ち上がり、はじける味わいが口中に広がります。 おひとり様1本まででお願い致します。

商品情報

酒造メーカー:清水清三郎商店

原料:非公開

精米歩合:50%

アルコール度数:15度

生産地:三重県

おすすめの飲み方:冷

味のバランス

甘味
酸味
苦味
旨味

【おひとり様1本まで】作 新酒 純米大吟醸 1.8L

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥4,400(税込)

のし紙  

のし紙の記載内容  

数量  

伊勢杜氏の伝統を引き継く酒蔵、清水清三郎商店株式会社は、1869年(明治2年)初代 清水清三郎が伊勢若松にて大黒屋清水清三郎商店として創業し、清酒の製造販売を開始する。

1952年、会社設立の際に「清水醸造株式会社」に改名し、60年後の2012年6代目の現社長が、創業当初の名称に戻し、「清水清三郎商店株式会社」に社名を変更。1996年に主な清酒ブランドを「作」と「鈴鹿川」の2つにし、手間と時間をかける吟醸造りですべての酒造りを始めた。

そのころから国内外の日本酒コンクールで数々の賞を受賞する。2016年にはG7伊勢志摩サミットで、最初の乾杯酒に選出、2019年にはパリのHotel De Crillon にて「作」が採用された。

今年で創業150年目を迎え、鈴鹿市で唯一の蔵元として日本酒の価値を世界に広めている。