ウィスキー

シングルモルト駒ヶ岳 2022エディションSold Out

81038
81038

「シングルモルト駒ヶ岳」は、良質な水と豊かな自然に囲まれた中央アルプス山系駒ヶ岳の麓に位置するマルス信州蒸溜所で造られています。「2022エディション」は、バーボンバレルで熟成させた原酒を主体に、シェリーカスク熟成原酒とポートカスク熟成原酒でアクセントをつけた2022年限定瓶詰のシングルモルトウイスキーです。
エレガントで深みのある香りと、熟した柿を想わせるなめらかで心地よい風味をお楽しみください。
※日本洋酒酒造組合「ジャパニーズウイスキーの表示に関する基準」に合致する商品です。


※※おひとり様一本限りとなります※※


同一人物だと思われる注文はキャンセルさせていただきます


ご了承ください

商品情報

酒造メーカー:本坊酒造

原料:国内製造(モルトウイスキー)

アルコール度数:国内製造(モルトウイスキー)

生産地:長野県

在庫状態 : 売り切れ

販売価格  ¥8,800(税込)

SOLD OUT

鹿児島の地で日本の蒸留酒「焼酎」造りに邁進していた本坊酒造が、
ウイスキー製造免許を取得したのが1949年。
それ以来、「いつか日本の風土を生かした本物のウイスキーを造りたい」と
夢を抱き続けていました。

まず、1960年に山梨にワインとウイスキー製造のための工場
「山梨マルスワイナリー」を設立。
そして、本格的にウイスキー造りに取り組むために、
さらなる理想の地を探し求めました。

澄んだ空気をした寒冷地であり、
しかも適度な湿度と良質な水に恵まれていることなど、
ウイスキー造りのための自然条件は、たいへん厳しいものがあります。

こうした条件を満たす土地を探し求め、
1985年、本坊酒造株式会社は、
ウイスキー造りに最適な環境を求めて、
長野県中央アルプス駒ケ岳山麓標高798mの地に
マルスウイスキー蒸留所を開設致しました。